【CBDオイル】厚生労働省の見解が気になりますよね

成分が明記されているCBDオイルを選ぶ

CBDオイルは、違法ではありません。

そのため基本的に厚生労働省は問題視していませんが、THCが検出された場合は問題になります。

ヘンプに含まれる向精神成分は、日本国内では医療関係者でも取り扱いが禁止されています。

ですからTHCが含まれているCBDオイルを使ってしまうと、違法と判断される可能性があるので注意が必要です。

厚生労働省が発表したTHCが含まれているのは、アメリカでも取り扱われている人気ブランドの製品です。

商品名まで発表されていれば、国内で違法となる製品を個人輸入で買わないようにするのはできるでしょう。

しかし厚生労働省はTHCが含まれている商品があるとの見解を発表する一方、具体的な商品名まで一般には公開していません。

そのため個人輸入をする際に、自力で避けたり代替品を選んだりといった行為が難しくなっています。

何も知らずに購入した製品に日本では違法の成分が含まれていても、取り締まりを見逃してくれることはありません。

知らなくても所持していた時点で違法となるので、CBDオイルを個人輸入する際には細心の注意を払ってください。

明記されている成分などを一つ一つ確認にして、違法とならない製品を購入しましょう。

信頼のできるメーカー・代理店を選びましょう

現時点では違法とされていないものの、厚生労働省はCBDオイルは法律違反に該当する恐れがあるとの見解です。

あくまでも違法ではなく違反の恐れですから、一律に輸入や販売の禁止を行うことができません。

一部には税関で没収などの処分に遭うケースもあり、基準が明確ではないので対応がばらついているのが現状です。

厚生労働省は明確な基準を発表せず対応にもバラツキがありますから、購入する場合は自衛するしかないでしょう。

CBDオイルを購入するときの自衛策として、必ず守りたいのが信頼のできるメーカーや代理店を利用することです。

個人輸入をすると怪しいCBDオイルを買わされる心配がありますが、メーカーや代理店など信頼のできるサイトから直接注文すれば、違法性がない製品を手に入れられます。

たとえば東京に店舗のあるVapemaniaなど、運営者の実態が見えるサイトや店舗を選ぶのが良いでしょう。

またサイトではなく実店舗に行けば、知識の豊富な店員に相談できます。

違法性がないかはもちろん、安全性や使い方について説明を受けられるのでおすすめです。

安全に正しくCBDオイルを使うためにも、手に入れる際は信頼性を重視して選ぶようにしてください。

 

Vapemaniaで安全にCBDオイルを手に入れる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です