フルスペクトラム CBDリキッドと他製品の違いを明確にしてみる

フルスペクトラム・CBDリキッドの効果とは?ヒーリングパワー

CBDリキッドのなかには、フルスペクトラムと呼ばれる製品があります。

英語で全範囲、または全領域を意味するフルスペクトラムとは、CBD単独成分を精製したものではなく、ヘンプに含まれているCBD以外の成分も含んでいます。

具体的にはCBDの他にCBC・CBG・CBNなどのカンナビノイド成分、さらにはテルペンやフラボノイドと言った成分も含まれていて、原料そのものに近いCBDリキッドと言われるほどです。

一般的なCBDリキッドは単体と呼ばれるように、純度の高い粉末状のCDB結晶が含まれます。

つまり含まれている成分に、大きな違いがあると言えるでしょう。

CBDだけが含まれる単体製品に比べると、フルスペクトラムは効果が高いのが特徴です。

寝付きの良さや寝起きのスッキリ感、リラックス効果などに高い効果があるとされ、日本国内ではサプリメントの一種として使われているだけですが、海外では不眠症やアルツハイマー病などさまざまな病気の治療に使われています。

CBD単体とは異なりヘンプが持つ本来のヒーリング効果を100%得ることができるので、日本でも人気は高くなっています。

効果的なリキッドを求めるなら、選択肢に入るかもしれません。

CBD・フルスペクトラムと他製品との違い:パワーが落ちにくい

フルスペクトラムとCBD単体にはいくつかの違いがありますが、一番大きな違いは摂取したあとに現れる効果です

単体は一度に摂取できるのがCBDの成分だけなので、効果も限定的になりすぐにパワーが落ちてしまいます。

しかしフルスペクトラムの場合はカンナビノイド成分の他にも、さまざまな成分を一度に摂取できます。

そのためメインであるカンナビノイド成分をその他の成分がサポートするアントラージュ現象により、パワーが高まりより高い効果を引き出すことが可能です。

パワーを思う存分堪能したいなら、単体よりも魅力的になるでしょう。

現在ではフルスペクトラムの製品も日本国内では増えていて、違法性があるTHC完全に除去した製品も登場しています。

有名店とメーカーがコラボレーションした製品も登場しており、安全性や信頼性も高いと考えられます。

こうした違法性がなく安全性・信頼性も高い製品を選ぶようにすれば、余計な不安はありません。

単体よりもパワーが落ちにくいCBDを試してみたいときには、違法な成分が含まされているかもしれない危険な製品を信頼性が低い店舗やサイトから購入するのではなく、日本国内で合法に使えるものを選ぶようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です