CBDオイルが税関でストップ !!?? そして没収の憂き目に…

どんなCBDオイルが税関で止められるの?

CBDオイルは電子タバコに使用されるだけではなく、お茶に垂らしたりカプセルで飲んだりと、世界では様々な方法で利用されています。

しかし日本では税関の対応も厳しくなっており、止められてしまうものもあるので気をつけなくてはなりません。

個人輸入や非正規品はリーズナブルに手に入りやすいという魅力がありますが、非正規品は原材料や製造品質が疑わしいものも多く止められてしまう原因になります。

必要書類の提出が十分ではない場合にはもちろんのこと、手続きが遅れてしまっていることが原因となり個人輸入では税関を通関出来ないケースも珍しくはありません

個人輸入や非正規品の場合には、止められるか通過できるかは運次第と考えておくべきではないでしょうか。

大半が止められることになり、いつまで経ってもオイルが手元に届かないということにもなりかねません。

正規品で安全証明が済んでいたら、止められてしまうことは一切ないと考えて油断してしまいがちですが、それでも税関で止められることもあります。

知名度も高い輸入の業者を利用したり、原材料や製造品質には問題がないものでも、税関で止められてしまうことはあるということも頭においておくべきではないでしょうか。

日本の正規代理店が一番安心

VapemaniaやCBDMANIAと言ったような、日本にある正規代理店を利用することが最も確実であり安心して購入することができます。

店舗に足を運ぶことで、試飲することができたり自分の目でしっかりみて判断することができるのはもちろんのこと、専門的に扱っていて知識も豊富なスタッフに説明してもらってから購入することも可能です。

自分の好みに合うかどうか判断することができたり、品質に関しても安心できる製品を手にすることができるのは、日本の正規代理店だからこそと言えるのではないでしょうか。

近場に店舗がなければ購入することはできないと諦めてしまいがちですが、日本の正規代理店でも通信販売を行なっておりインターネットを使って気軽に注文することができる先も増えています。

お店により扱っている商品の種類や料金など、異なる点もあるのでしっかり比較してから選ぶことが大切です。

海外から個人で輸入したり、非正規品を安いからという理由で購入すると、税関で止められてしまうだけではなく予期せぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。安心して利用するためにも、正規品を選ぶべきであり日本の正規代理店を利用して購入するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です